ソラナビ 

海外留学、旅行、美容など。私の好きなことを発信するブログ

セブ島留学ってどんな感じ?行く前に知ってほしいこと4カ条。備えあれば憂いなし!

みなさん、こんにちは。ソラナビのsoraです。

 

前回に引き続きセブ島留学について紹介していきます!

 

f:id:sora-navi:20181214132407j:plain

こちらの写真の動物は世界一小さい猿と言われているターシャです。

 

本当に小さくて大きな丸いおめめが印象的ですよね👀

 

ぜひセブ島に留学に行く方、旅行で訪れる方はボホール島に行って見てください。

 

間近で会うことができますよ^ ^

 

 

さてさて本題に入ります。

 

前回、私がセブ島を選んだ経緯と決めてについて話しましたが、その後実際に私がセブでどんな生活を送ったのかを行く前にぜひ知ってほしいこととしてまとめて紹介していきます。

 

前回のお話はこちらをご覧ください!

 

www.sora-navi.info

 

 

 

行く前に知ってほしいこと4カ条

  1. 犬には気をつけろ
  2. 現地の治安を知っておこう
  3. セブ島の人々
  4. お腹を壊さないために

 

1. 犬には気をつけろ

セブ島に着いてそうそう、マクタン空港から学校までの移動中のがタクシーの中から夜の町を眺めていると、ポツポツと現れる街灯の下には野良犬たちの姿が。

 

その時は真夜中2時ごろだったので分からなかったのですが、次の日外に出てみると本当にたくさん犬がウロウロしていました^^;(犬以外にも猫などもいました)

 

セブ島には野良犬がたくさんいます。

 

基本的に普段は何もしなければ危害を加えることはないのですが、犬好きの人でも自分から⚠️触ったり何かあげたりするのはやめましょう。

 

日本だったら野良猫に餌をあげている人とかよく見かけますよね?!

 

しかし、ここセブ島では違います。

 

どの犬を見てもみんな痩せています。犬が大好きな私はかわいそうに、、、と思ってしまうのですが、だからこそ食べ物を与えるのは危険です。

 

狂犬病の対策などしていないと思うので気をつけた方が良さそう、、、

 

 

2. 現地の治安を知っておこう 

現地の治安について気になる人も多いのではないでしょうか? 

 

正直に言って、治安がいいとは言えません。

 

スリだって日本に比べれば多いですし、現に外出するといろんなお店に警備員がいます。

 

スーパーや銀行はもちろんコンビニにもいました。(語学学校にも常に警備員の方が24時間体制で警備してくれていました。)

 

大きめのショッピングモールでは必ずカバンチェックも行います。

 

まあ、それだけ厳しくしてるってことは言うまでもないですよね。

 

幸いなことに私はセブ島でそう言った苦い経験をすることはなかったのですが、確実に言えることは、自分の服装や持ち物には気をつけることです。

 

現地での服装や持ち物は高価なものにはしないようにしましょう。

 

まず見た目で日本人だな、高そうな物を持っているなと分かれば狙われやすいです。

 

南国気分でついつい服装も日本にいる時より派手になりがちなんですけどね(^◇^;)

 

あとは、カフェやレストランなど席について何か飲食する際に気をつけたいことが荷物の管理です。

 

日本では席に荷物を置いたまま席を立つことが普通になっていますが、セブ島に限らず外国では考えられません!

 

自分からどうぞ持って行ってくださいと言っているようなものです。

 

歩いているときは意外と自分の身の回りに注意できるのですが、ついついお店に入るときが緩んでしまうので、気をつけた方がいいと思います。(食べ物が前にあるとそっちに意識が持っていかれるんですよね、、、笑)

 

 

3. セブ島の人々

 

次は現地の人々の性格や驚いたこと、知っておいて欲しいことを紹介します。

 

基本的にセブの人々はフレンドリーで明るく陽気な印象を受けました。

 

先ほどから危険だよとか気をつけようとか言われると、何だか現地の人々は危ない人たちばかりなのかと思われそうですが、そうではありません。

 

私はどこに行ってもよく声をかけられました。

 

きっと日本人だからだと思います。と言うのも、日本人だと言えばすごく興味を持って話しかけられます。日本や日本人が好きな人が多いようです。

 

初めの頃は、あまりにフレンドリーなので悪いことに引っかかるのではないかと逆にそれが怖かったのですが、そう言うことでもないようです。(しかし見極めはしっかりしましょう)

 

こんなエピソードもあります。

 

セブ島に来てから間も無く、スーパーで食べ物を買いに行くとどこからともなく店内のBGMに合わせて歌っている人の声が聞こえて来ました。

 

えっ、誰!!?

 

と少し驚いて見渡してみると、そこにはノリノリで歌いながら商品陳列をしている店員さんの姿がありました。

 

これまたセブ島ではよくあることです。スーパーに限らず、外の道でも学校の中でもよく歌声が聞こえて来ます。

 

セブ島の人々は音楽が大好きみたいです。フィリピンの人は歌が上手な人も多いですしね。

 

明るく陽気な性格がよく現れる毎日でした。

 

こっちまで明るくなります☺️

 

みんなニコニコしていて明るくて優しい人ばかりでした。

 

 

4. お腹を壊さないために

 

みなさんにお伝えします。残念ながらセブ島に留学すると誰もが通る道。

 

それはお腹を壊すことです😭

 

全員と言っても過言ではないくらい必ずお腹を下すでしょう。

 

私も知ってはいたので気をつけていましたが、セブに来て2週目にしてその時が来てしまいました^^;

 

セブ島は暑いですが、建物内はクーラーが効いていて寒いくらいです。結果、お腹を壊しやすいです。

 

寒暖差に対応できるように上に羽織るものは必ずマストで用意しておくのをオススメします。

 

そのほかにも原因はいろいろあると思いますが、主な原因は衛生環境だと思います。

 

水がダメという人は多いです。一応ウォーターサーバーに入っているミネラルウォーターを飲んでいたのですが私はそれでもダメでした。

 

路上やショッピングモールなど、カフェやレストランなどではないお店で買って食べるのもあまりおすすめはしません。

 

特に外で売っているものは注意が必要です。

 

なぜなら、セブは暑いので食べ物が痛みやすい。それに加えてハエなども集まりますし、道路がきちんと整備されていないところもあるので砂埃が舞うこともよくあります。

 

もちろん、食べるなと言っているわけではありません。しかしお腹を壊さないためには気をつけましょう。

 

衛生管理が徹底されている日本で長く暮らしている日本人のお腹には刺激が強いのかもしれませんね。

 

でも、せっかく来たからにはぜひフィリピンの料理は食べて欲しいです。

 

美味しい食べものがたくさんあります!

 

 

f:id:sora-navi:20181215141824j:plain

 

 

右:ハロハロ(セブでは定番のかき氷のようなもの。紫色のアイスはウベという紫芋

左:マンゴーケーキ(多分お店のオリジナル?)

 

美味しくて何度も食べに行きました笑

 

結局のところ、お腹を壊さないためにというより壊したらどうするかを考えた方が早いかもしれません。笑

 

日本から薬を持っていったり、なるべくお腹を冷やさないようにしたり。

 

お腹を壊してもセブを満喫できる方法を考えましょう。

 

 

まとめ

私が紹介した4カ条を読んで知っておけば少しは役に立つのではないのでしょうか。

 

備えあれば憂いなし!です。

 

私は、結果的にセブ島に行ってよかったなあと思っています。

 

楽しんだもん勝ちです✌︎